ネットで予約 今すぐ電話

カラダお悩み解決

マスクを着ける生活で起こる身体の不調

まずはチェック!!

□肩こり、首こりがひどくなってきた
□頭痛がひどくなってきた
□無意識で口が開いている
□ふと、呼吸をしていない時がある
□深呼吸をすると胸が詰まる
□しっかり寝ているのに眠い
□朝からカラダがダルい、重い
□朝からやる気がでない
□スマホを見ている時間が長い
□最近、姿勢が悪くなってきた

マスク生活で呼吸が浅くなる理由

昨今、コロナウイルス感染防止対策で日常的にマスクをする生活が続いています。マスクをしての呼吸はマスクをしないで呼吸するより、自分が吐いた息をより多く吸うことになります。通常呼吸をすると空気中に含まれる21%の酸素を吸って、吐くときは16~18%の酸素を残します。よって、マスクをして呼吸をするということは普通に呼吸するよりも酸素濃度が足りなくなってしまうことになります。
さらに、マスクを長時間すると鼻だけで呼吸するのが苦しくなるので、徐々に口呼吸をすることが多くなります。口呼吸は鼻呼吸に比べて酸素摂取量が少なくなり、酸素が足りない状態が続くと体は「酸欠状態」となり「酸欠症状」が出始めます。
また、鼻呼吸は空気中のウイルスや細菌を鼻というフィルターで防いでくれます。しかし、口呼吸では細菌やウイルスを体内に侵入させてしまうおそれがあり、カゼやインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。
最近はテレビやネットでも暗いニュースが多く、コロナに対する情報過多、必要以上の恐れや不安は身体にストレスをかけてしまいます。このようなストレスは当院に来院している患者さんの身体にも影響があり、現在、当院に来院している方の9割以上が、コロナ過敏状態による自律神経失調の兆候がみられます。

マスク生活による2つのストレス

マスクを長時間つけているとあごの周りが疲れてくるのを感じませんか?鼻呼吸が苦しくなり口呼吸が多くなることで口呼吸で使うための顎にある頬筋(きょうきん)が疲労します。
また、耳にかかっているマスクのひもの部分が耳を引っ張るように負担をかけるため、顎まわりのストレスが高くなり噛みしめる時に使う咬筋(こうきん)と側頭筋(そくとうきん)が疲労します。この二つのストレスによって顎関節の不調、顎まわりが固くなる、食いしばりや歯ぎしりが強くなるなどの症状が出てきます。

呼吸が浅くなることで起こる身体への影響

酸欠症状:集中力の欠如、頭痛、耳鳴り、吐き気、眠い、ダルい、重い、やる気が出ない、強い疲労感、不安定な精神状態

自分でできる対策

深呼吸
①足を肩幅に開いて立ち、背筋を伸ばす
②鼻から大きくゆっくりと息を吸う
③3秒間、息を止める
④口からゆっくりと息を吐く
⑤3回繰り返す

胸骨マッサージ
①背筋をしっかり伸ばし、胸を少し前に出す意識で立つ
②両手の人差し指から小指までの8本の指を胸骨に当て、こするように上下に動かす。
③10往復行う。

「肩を回せばねこ背は治る」著 花谷博幸氏 参照

当院オススメのプラン

「座り過ぎねこ背・まき肩タイプ」
姿勢が原因で呼吸が浅くなっている状況に、
さらにマスク生活によって呼吸が浅くなっている方へ
全身バランスアップ調整+猫背矯正(整体)
(3500円+1000円)

 

「食いしばり、頭痛、肩こりタイプ」
マスク生活によって顎の周りの負担が増えて
頭痛、肩こりが強くなっていいる方へ
全身バランスアップ調整+顎調整
(3500円+1000円)

青山バランスアップ治療院
院長 青山幸太
プロフィール
治療院ストーリー

外出自粛要請・緊急事態宣言時の当院の対応

当院は「厚生労働省管轄」で保健所にて許認可を得て開業登録している鍼灸治療院という機関になります。施術は「はり・きゅう国家資格」を取得している院長青山幸太が責任をもって行っております。

現在、秋田県において外出自粛要請・緊急事態宣言が発令されており「秋田県新型コロナウイルス感染症対策本部」に確認したところ、当院は③に当てはまるの「適切な感染防止対策を要請する施設」医療施設(病院、診療所、薬局 等の種類に該当します。

よって、病院や薬局と同じように休業対象にはなりません。

 

当院は適切な感染防止対策をしたうえで通常通り診療をしております。
緊急事態措置の期間4/25~5/6も通常通り診療をしております。

 

来院される患者さんへのご協力のお願い

 37℃以上の発熱や咳症状及び倦怠感のある方は、来院前にご連絡いただけると助かります。

また、来院された時は当院の入口付近にあるアルコール消毒液にて手指消毒のご協力をお願いいたします。

 

青山バランスアップ治療院の思い

当院では開業当初より「既存患者さん優先」をかかげております。

このような非常事態においても、いつも来ていただいている患者さんのメンテナンスや突然の不調にいつでも対応できるよう、感染防止対策を徹底して診療を続けていくという「思い」と「覚悟」があります。

 家族、スタッフはもちろんのこと、患者さんの健康を大切にするために治療家をしております。今後も状況が変わり次第、当院でも迅速に対応して参ります。来院される方にはご迷惑やご心配をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

青山バランスアップ治療院
院長青山幸太

 

プロフィール
治療院ストーリー

 

 

当院のウイルス・花粉・ほこり対策

秋田清潔ナンバーワン宣言

青山バランスアップ治療院は秋田で一番清潔な治療院として開業以来、空気清浄機フル
稼働、毎日オゾン殺菌、ベッドは毎回施術ごとにアルコール消毒を徹底しております。

 

コロナウイルスの警戒だけでいいの?

昨今、コロナウイルスが騒がれていますが
インフルエンザウイルスも流行っています。
またこの時期は花粉が飛散し始めます。

院長青山の清潔に対する思い

当院ではこんな時だからこそ患者さんにはもっと安心して施術を受けてもらいたいという思いと、スタッフにはもっと安心して仕事をしてもらいたいという思いがあります。そのために出来ることは何でも行う覚悟があります。

青山バランスアップ治療院34の清潔対策

【開業以来実行している20の取り組み】

①毎回施術ごとにベッド、
 胸マット、枕のアルコール消毒
②空気清浄機3台フル稼働
 (週一で空気清浄機を掃除)
③加湿器3台フル稼働、湿度60%キープ
 (週一で加湿器を掃除、乾燥)
④毎日業務終了後、オゾン発生装置による
 空間除菌(新型コロナウイルスにも有効、花粉)
⑤毎日2回のトイレ掃除
⑥毎年2回エアコンを専門業者に
 依頼してクリーニング
⑦トイレは自動プラズマクラスターで
 常に空気清浄
➇タオルではなく使い捨ての
 フェイスペーパーを使用
⑨ハリ治療用のハリは使い捨ての
 ディスポーサブル鍼を使用
⑩抗菌、抗ウイルス作用のある
 アロマオイル「ひのき油」を使用
⑪高たんぱく状態をキープするために
 プロテイン・EAA摂取
⑫高濃度ビタミン、ミネラルを
 サプリメントで摂取
⑬雑菌がたまりやすい指と爪の間が
 なくなるまで爪を切る
⑭ささくれの除去、天然成分の
 「もぐさバーム」で入念な手のケア
⑮年2回、院内を徹底的に大掃除
⑯こまめな換気、エアコン
 サーキュレーターによる送風
⑰毎日ダイソン掃除機で隅々まで掃除
⑱ひのきから抽出した「ひのき水」を
 散布して院内除菌
⑲アリの巣コロリ・ムカデコロリ
 ゴキブリ除去剤・蚊取り線香で防虫対策
⑳制服は春夏秋冬と3カ月ごとに交換し、
 クリーニング

【2月末から強化している6の取り組み】

①全員マスク着用
②施術ごとに手指をアルコール消毒してから施術
③患者さんへ来院時の手指消毒のご協力
④ウイルス・バクテリアが不活性化する
 湿度60%をキープ
⑤患者さんと患者さんの合間に換気
⑥加湿器にディフェンドウォーターを加えて除菌抗菌

【4月からさらに強化している8の取り組み】

①ドアノブ・入口付近をアルコール除菌
②受付周り・待合・洗面所をアルコール除菌
③アルコール消毒チェックシートを入口、待合に設置
④ステンレスの会計トレーによるお会計
⑤受付に飛沫感染防止のアクリル板のシールド設置
⑥スタッフの毎朝の検温、37度以下で出勤
⑦37度以上の方は来院のお断り
⑧待合にサーキュレーター設置換気を強化

院長青山幸太個人の対策

①手洗い、うがいの徹底
②サプリメント(C.B.E.D.A)プロテイン摂取
③睡眠時間の確保(一時間多めの睡眠)
④週に2日サウナで整える
⑤週に3日ジムでランニング、筋トレ
青山バランスアップ治療院
青山幸太
プロフィール
治療院ストーリー

寒い時期の冷えについて

先ずはチェック!

□お腹が冷たい
□体温か36,5度未満
□赤ら顔
□目の下にクマができている
□頭痛がある
□鼻の頭が赤い
□歯ぐきが黒ずんでいる
□手足がいつも冷たい
□手足が火照っている
□青あざができやすい
□汗をかきやすい
□痔になりやすい

血流改善の前に血量をアップ!

冷えの原因の多くは血流が悪いため起来ています。
よって、
冷え性の改善は血流の改善が必要となってきます。
ただ、
その前に血流を作るための血の量はどうでしょうか?
川の流れの勢いを良くしても、流れる水の量が少なけ
れば流れてくる水の絶対量は少なくなります。
血流の改善の前に血量の改善をオススメしています。

血流がなかなか改善しない3つのステップ

①血が作れない
 ↓
②(血が作れないので)血が足りない
 ↓
③(血が足りないから)血が流れない

カラダの筋肉の70パーセントは下半身の筋肉!!

カラダの筋肉の約70パーセントは下半身の筋肉です!
冷え性対策として
「下半身で大きい筋肉を鍛えること」
「下半身で大きい血管が通る場所を動かすこと」
ポイントになります。

対策

血流をアップさせる前に、まずは血液の量を増やす!!

血液のほとんどは
水分とタンパク質と鉄分で出来ています。
まずは血を作るための材料を用意することが
大事なのです。
そこで
まずはタンパク質+鉄分補給で血液を作る
材料を補給しましょう!
個人的にはタンパク質と鉄分補給は
プロテインとサプリメントで補給する
のをオススメします!
プロテインとサプリメントで補給した方が
確実に摂取できます。
また食品から摂取するのがベストですが、
続けていくなかでどうしても
食べる物が偏ってしまい、飽きてしまうのです。
プロテインとサプリメントで補給することで
普段の食事+αで補えるので
食事を大きく変える必要がなく
食事のストレスは少ないです。

スクワットのポイントは股関節と腰!

カラダの約70パーセントをしめる下半身の筋肉
鍛えるスクワットが効果的です。
ポイントは「正しいフォームで行う」ことです。
ポイントは2つ、
①股関節を後ろに引くようにして、股関節をしっかり
 まげてカラダを落とす。
②腰が反りすぎないそうに背中から腰はフラットにする。
①の股関節から引くことが出来ないと、本来刺激を
 入れたいお尻や後ろのももに力がはいりません。
 女性でスクワットしているのに足が引き締まらない
 のは股関節がしっかり引けないことに原因があります。
②また腰を反りすぎてしまうと、上半身の重さが腰に
 かかってしまうので、腰の負傷につながっています。

食べたくなったら食べちゃおう!!

カラダのことを考えて規則正しい生活やカラダを
温める食事をしている時ほどジャンクなものや
油もの、甘いものが欲しくなります。
カラダに良いことをするときに大事なのは
無理なく継続することです。
1週間のうち6日間がんばったら、1日は食べたい
ものを食べてても自分を責めないでください。
ゴールは健康的な生活スタイルを習慣化すること
なので、長いスパンで考えたら
1週間のうち6日間を4週続けると24日
継続したことになります。
我慢しすぎて途中でやめちゃう方が
もったいないです。
また、
食べたいものを大量に食べると翌日は
胃腸が重たくなり食事の量が減り、
胃腸を休ませることとなります。

当院オススメのプラン

a 下半身血流アップタイプ
全身調整+骨盤調整
大きい筋肉があるお尻、太ももを調整して
効率よく全身に熱を伝える
b 自律神経タイプ
全身調整+整体
背骨付近にある自律神経を整体で刺激していきます。

青山バランスアップ治療院 青山幸太
プロフィール
治療院ストーリー

夏の疲れをどうするか?

この時期こんなことになっていませんか?

□カラダがダルい、重い
□何だかやる気がでない
□とにかく1日中眠い
□食欲がない
□肩こり、頭痛がいつもよりツラい
□朝スッキリ起きれない
□めまい、立ちくらみがツラい
□顔色が良くない
□気分が落ち込んだりする
□普段出来ることができない

どうして夏の疲れが出てくるの?

暑い時期は冷たい物が食べたくなりますが、冷たい物
を食べ過ぎると、胃や腸など消化器官への
負担が大きくなります。
胃腸の疲れから消化吸収が出来なくなることで
食欲不振などの症状がでます。
また暑かった今年の夏は特に冷房が効いて
涼しい室内と外の暑さの差が激しく、
自律神経に負担がかかります。
人は暑さや寒さ、気温と気圧の変化から体を守る
ために「交感神経」と、「副交感神経」
お互いの特性を発揮しつつ、
24時間365日無休で働いています。
外気温の高い春から夏は、体温維持のために
生み出すエネルギー(熱)が少なくてすみ、
寒くなる秋から冬は体温を一定にキープするために
内でたくさんのエネルギーを
生み出す必要があります。
そこで、
春から夏はリラックスモードである「副交感神経」
の働きによって体全体の活動量が
押さえられてはいるため、基礎代謝は低くなります。
秋から冬はアクティブモードである「交感神経」
の働きが強くなり、基礎代謝は高くなります。
季節は一気に変わるものではなく、
暑い日寒い日が交互にやってきて
徐々に体も季節になじんでいきます。

特に秋は偏西風の影響から天気が変わりやすく

そのため
天気が変わりやすい=気圧が変化しやすく
自律神経に負担がかかり、様々な症状がでます。
次の季節に体を馴染ませている間、
自律神経は対応に大忙しです。
よって、
夏の疲れが秋に出てきたようになるのです。

偏西風

南北の暖かい空気と冷たい空気のせめぎ合う
ところで吹きます。
日本列島上空に偏西風のある春と秋は周期的に
天気が変わりやすいです。

「対策」

深呼吸
①足を肩幅に開いて立ち、背筋を伸ばす
②鼻から大きくゆっくりと息を吸う
③3秒間、息を止める
④口からゆっくりと息を吐く
⑤3回繰り返す

こまめに水を飲む

交感神経が高まることによって症状がでやすい
ので、副交感神経を働かせる方法が
水を飲むことです。
また水を飲むことで便秘の予防やむくみの
防止にもなります。

「オススメのコース」

リラックス神経タイプ(副交感神経)

(肩こり、頭痛がいつもよりツラい、めまい、
立ちくらみがツラい)
全身バランスアップ調整+顎調整)

アクティブ神経タイプ(交感神経)

(1日中眠い、食欲がない、朝スッキリ起きれない、
気分が落ち込んだりする、普段出来ることができない)
全身バランスアップ調整+整体
青山バランスアップ治療院 青山幸太
プロフィール
治療院ストーリー
秋田の整体なら青山バランスアップ治療院 秋田の整体なら青山バランスアップ治療院の診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel018-838-0326

Tel018-838-0326
タップして電話する

秋田県秋田市手形字蛇野172-1
秋田駅から徒歩15分

ページトップへ戻る