ネットで予約 今すぐ電話

夏の疲れをどうするか?

この時期こんなことになっていませんか?

□カラダがダルい、重い
□何だかやる気がでない
□とにかく1日中眠い
□食欲がない
□肩こり、頭痛がいつもよりツラい
□朝スッキリ起きれない
□めまい、立ちくらみがツラい
□顔色が良くない
□気分が落ち込んだりする
□普段出来ることができない

どうして夏の疲れが出てくるの?

暑い時期は冷たい物が食べたくなりますが、冷たい物
を食べ過ぎると、胃や腸など消化器官への
負担が大きくなります。
胃腸の疲れから消化吸収が出来なくなることで
食欲不振などの症状がでます。
また暑かった今年の夏は特に冷房が効いて
涼しい室内と外の暑さの差が激しく、
自律神経に負担がかかります。
人は暑さや寒さ、気温と気圧の変化から体を守る
ために「交感神経」と、「副交感神経」
お互いの特性を発揮しつつ、
24時間365日無休で働いています。
外気温の高い春から夏は、体温維持のために
生み出すエネルギー(熱)が少なくてすみ、
寒くなる秋から冬は体温を一定にキープするために
内でたくさんのエネルギーを
生み出す必要があります。
そこで、
春から夏はリラックスモードである「副交感神経」
の働きによって体全体の活動量が
押さえられてはいるため、基礎代謝は低くなります。
秋から冬はアクティブモードである「交感神経」
の働きが強くなり、基礎代謝は高くなります。
季節は一気に変わるものではなく、
暑い日寒い日が交互にやってきて
徐々に体も季節になじんでいきます。

特に秋は偏西風の影響から天気が変わりやすく

そのため
天気が変わりやすい=気圧が変化しやすく
自律神経に負担がかかり、様々な症状がでます。
次の季節に体を馴染ませている間、
自律神経は対応に大忙しです。
よって、
夏の疲れが秋に出てきたようになるのです。

偏西風

南北の暖かい空気と冷たい空気のせめぎ合う
ところで吹きます。
日本列島上空に偏西風のある春と秋は周期的に
天気が変わりやすいです。

「対策」

深呼吸
①足を肩幅に開いて立ち、背筋を伸ばす
②鼻から大きくゆっくりと息を吸う
③3秒間、息を止める
④口からゆっくりと息を吐く
⑤3回繰り返す

こまめに水を飲む

交感神経が高まることによって症状がでやすい
ので、副交感神経を働かせる方法が
水を飲むことです。
また水を飲むことで便秘の予防やむくみの
防止にもなります。

「オススメのコース」

リラックス神経タイプ(副交感神経)

(肩こり、頭痛がいつもよりツラい、めまい、
立ちくらみがツラい)
全身バランスアップ調整+顎調整)

アクティブ神経タイプ(交感神経)

(1日中眠い、食欲がない、朝スッキリ起きれない、
気分が落ち込んだりする、普段出来ることができない)
全身バランスアップ調整+整体
青山バランスアップ治療院 青山幸太
プロフィール
治療院ストーリー
秋田の整体なら青山バランスアップ治療院 秋田の整体なら青山バランスアップ治療院の診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel018-838-0326

Tel018-838-0326
タップして電話する

秋田県秋田市手形字蛇野172-1
秋田駅から徒歩15分

ページトップへ戻る