顎関節、あごの痛みについて

im_gaku01

「顎が痛い」

「口が開かない」

「カクカク音がする」

それは顎関節症かもしれません。
特に「口が開かない」 「顎関節に痛みがある」 これは歯科医院より手技治療の方が数段早くきれいに治るのです。

「頭痛がなくなりました」
「顎の痛みがなくなりました」
「硬いものが食べられるようになりました」
「音がしなくなりました」
「ハンバーガーを食べることができました!!」

ハンバーガーを食べるのが怖くなったら、、 、それは顎の疾患かもしれません。 im_gaku02

当院では、顎関節の調整を することで顎の開口障害(口を大きく開けられない)なら即日改善してしまいます。

口が開かない原因は大きく2つ

一つは顎を支える頸椎の変形と首にある筋肉の異常です。
もう一つは顎関節自体の左右のズレです。

 

この二つを調整すると大半の開口障害は改善されます。
まず即日で快適に食事ができるようになりま す。(強い炎症がある場合は数日)

ズレた状態でたくさん動かしているとガリガリと関節の炎症が起こり慢性化します。慢性化が進めば顔の変位が起こり歪んだ顔と なり、最後は顎の骨の厚みまで左右で違ってくるようになります。

顎関節症の原因は、かみ合わせと言われていますが、それだけではなく、首の関節のズレも大きな原因であり、だから顎関節症を起こす方に頭痛や肩こりの併発が多くみられるのです。

当院では、頸椎の矯正と顎関節自体の調整を手技で行います。 痛いことは一切ありません。

さらに顎調整によって、顔の歪み改善、小顔 効果、頭痛肩こりの解消効果まで有します。

ぜひお困りの方は一度体験してみてください。

最近、テレビを見ていても、芸能人でもかな り歪みの大きな方がいますが、その多くは治療にて解消できるものと思われます。

im_gaku03

すぐに治らないものがありま す

それは痛みのない顎の「ガクガク音」です。
顎を大きく動かすたびに「ガクガク」音がす るというものです。
その原因は顎にある関節円板というクッショ ン役の組織があるのですが、それが慢性化により摩耗することによってうまく機能しなく なっている場合です。im_gaku04

自転車で例えて言うと、ゴムでできたブレー キパットが擦り減ってしまい、ブレーキのキーキー鳴ったり金属部分でタイヤと摩擦し ているような感じです。(このような状態でたくさん顎関節に負荷をかければ・・)
この場合、治すのに数か月の時間が必要にな ります。 また、心因性のストレスによってこのカクカク音を過敏に気にしすぎている人も多くみら れます。(気にならない程度のカクカク音や違和感は正常)

一度摩耗した関節円板が復元することはあり ませんが、顎関節を調整し、日常の負荷を減らしていくと音や違和感が半分以下になりま す。

あくまで、首、顎の位置関係を正常化させることで、痛みや障害を取り除くことがこの治療の効果となります。この治療によって数年 来の痛みが解消したと多くの喜びの声も頂い ております。
既に多くの臨床体験があり、最初からできないことは「できない」と言いますので安心して治療に来てください。

この顎関節の治療により、小顔効果、頭痛・ 肩こりの解消も同時に行なわれます。

どうか快適な生活ができるように、ハンバー ガーが食べられる生活ができるように、皆様に提供していきたいと思っております。im_gaku05

あなたの顎(がく)関節の自己 チェック法

(合計点数が8.6以上では顎関節症の危険あ り,杉崎正志、他:2007)

①口を大きく開いたとき,人差し指から薬指を並べた3本指 を縦にして入りますか?
1.すっと入る
2.ほぼ問題ない
3.どちらともいえない
4.やや困難
5.全く入らない

②口を大きく開け閉めした時,あごの痛み がありますか?
1.全くない
2.たまにある
3.どちらともいえない
4.しばしばある
5.いつもある

③口を大きく開いたとき,まっすぐに開き ますか?
1.いつもまっすぐ
2.たまに曲がる
3.どちらともいえない
4.しばしば曲がる
5.いつも曲がる
④干し肉,するめ,タコなど硬いものを食べるとあごや歯が痛みますか?
1.痛まない
2.たまに痛む
3.どちらともいえない
4.しばしば痛む
5.いつも痛む

日本顎関節学会サイトページ参照 http://kokuhoken.net/jstmj/

秋田の整体なら青山バランスアップ治療院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel018-838-0326

Tel018-838-0326
タップして電話する

秋田県秋田市手形字蛇野172-1
秋田駅から徒歩15分

ページトップへ戻る